2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美保関にお出かけ♪

先日2012.10.7に、パパの叔父さん(88歳)と一緒に島根に行って来ました。
2012_10082012jazz保険0030

今回の旅行は、叔父さんの若かりし頃の軌跡を辿る旅です。
叔父さんは九州の人です。
18歳の時に、たまたま8月5日に広島入りをして、
翌日、広島城のお堀近くで被爆。
その翌日、やけどをした状態で宇品方面へ移動。
  あの時見えた似ノ島の姿は今もはっきりと覚えてる。

それから、何日かして、島根県に移動。
自分に山桃をくれた少年にありがとうを言えなかった、その場所に行ってみたい。

あの時のことを、69年経った今、確認したい。

と言うことで、パパは叔父さんからの話をもとにだいたいの場所にめぼしをつけて広島案内をしました。

叔父さんが被爆した場所
2012_10082012つとむさん0082

叔父さんが宇品に運ばれた場所
2012_10082012つとむさん0093
周りの風景・建物など変わっているけど、記憶通りの場所でした。

そして翌日、みんなで島根にお出かけをしました♪
でも、島根では、高浜駅の線路を通ったところにある小学校。
その隣のお宅には山桃の木がある。

と記憶にあるだけで、今もあるかどうか分からないけど、行ってみることにしました。

線路を抜けていくと高浜小学校がありましたが、まわりに山桃の木はありません。

やはり、時代とともに消えたのかも。。。

と思いながら歩いて周りをうろうろしてご近所の方を発見して、叔父さんは昔のことを聞いたら、

「この小学校は戦後に建てられた物。
以前はもう少し向こうにあったよ。」

と、その場所まで歩いていくと、
ありました。高浜小学校。
2012_10082012つとむさん0098

ここは今公民館になっていましたので、公民館の前のお酒屋さんで聞いてみることに。
2012_10082012つとむさん0099

お酒屋さんは親切に当時の写真を見せてくれていろんな話をしました。
でも、そのときの少年はこのお宅の方ではなかったのですが、
「そういえば、向こうの通りのお宅はうちのご親戚で、庭に山桃の木があったような。。。」と!

そのお宅に行ってみました。
でもご主人は自分では無いよ。っと。
しかし、山桃の木が!ある!
2012_10082012つとむさん0100
叔父さん凄い記憶!

その少年には会えませんでしたが、叔父さんは納得してこの場所にさよならをしました。

その後、せっかく島根に来たのだから、今までいったことの無い美保関に美味しいお魚を食べに移動。
2012_10082012つとむさん0105 2012_10082012つとむさん0134


旅館の近くに青石が敷き詰められている神社がありました。
2012_10082012jazz保険0008 2012_10082012jazz保険0010

今回お泊りした旅館ね♪
2012_10082012つとむさん0121

旅館に着くと僕は眠たくて。。。
2012_10082012jazz保険0014

お食事は魚Only!!!
2012_10082012jazz保険0020 2012_10082012jazz保険0021

2012_10082012jazz保険0022 2012_10082012jazz保険0023

2012_10082012jazz保険0024 2012_10082012jazz保険0025

2012_10082012jazz保険0026 2012_10082012jazz保険0027
僕は横で寝ていましたzzz

翌朝近くの灯台に立ち寄りお散歩♪
2012_10082012jazz保険0035 2012_10082012jazz保険0034
2012_10082012つとむさん0136

叔父さんにはとても辛い過去でしたが、
まさか、私達と一緒に旅行が出来るとは思ってもいなかったので、
とっても楽しい思い出が出来ました。

翌日叔父さんは4泊5日の旅を終えて新幹線で帰郷しました。

また、一緒にどこかお出かけしましょう♪
楽しい思い出をありがとう。
スポンサーサイト

| お泊り日記(島根編) | 15:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。